妊娠

妊娠40週目…出産予定日が過ぎても大丈夫?陣痛の乗り切り方は?

ついに妊娠40週目、いよいよ赤ちゃんと対面できる日が近づいています。予定日を過ぎると、焦ってしまったり、漠然とした不安に包まれることがあるかもしれません。

でも実は、出産予定日通りに産まれてくる赤ちゃんの数は、それほど多くはないようです。出産予定日はあくまで「予定」なので、そこまで心配しすぎないでくださいね。

今回は、妊娠40週目を迎えた赤ちゃんの成長やママの状態、陣痛が始まった時の工夫などをご説明していきますね。

 

妊娠40週目のおなかの中の赤ちゃんはどんな状態?

妊娠40週目

①おなかの赤ちゃんの成長

妊娠40週目の赤ちゃんは、個人差がありますが身長48~50㎝程度、体重3000~3500g程度に成長します。

赤ちゃんのからだはほぼすべての機能ができあがり、あとはお産に向けて力を付けるために脂肪を蓄えていきます。ママのホルモンの影響を受け、胎児の成長がさらに促されるのです。

十分な脂肪がつくことで、外の世界に出ても体温を一定に保つことができるようになっていますよ。

 

②超音波検査(エコー)での見え方

妊娠40週目のエコー検査では、お産の準備をし始めた赤ちゃんが見られるかもしれません。

産道を通り抜けやすいようにからだを小さくしようと手足を胴体につけ、あごを胸にくっつけた体勢をとります。産まれるときを静かに待っているでしょう。

 

妊娠40週目…出産日を過ぎても問題ない?

妊娠40週

妊娠40週目は赤ちゃんが成長し続ける分、さらにママおなかも大きくなっていきます。ホルモンバランスの変化で、おりものが増えたり、睡眠不足が続く、吐き気があるなどの症状もみられているかもしれません。

前駆陣痛やおしるしなど、お産の兆候があらわれるママは慌てずに落ち着いて過ごしましょう。

また、予定日を過ぎてもお産の兆候があらわれていないママもいると思いますが、特別に注意を受けていなければ問題ありませんよ。

産院にもよりますが、正期産の時期の妊娠41週6日目を迎えるまでは、自然に陣痛が来るのを待つことが多いでしょう。

ただし、妊娠42週目に入ってもお産に至らない場合は、胎盤機能が低下して赤ちゃんに栄養や酸素が届きにくくなってしまいます。
そのため、妊娠41週に入ってから、陣痛促す薬を使用したり、帝王切開などが検討されるようです。

 

お産が近づいたこの時期のママに起こりやすいのが、恥骨痛です。

妊娠後期の恥骨痛
赤ちゃんが産道を通りやすくするために、恥骨をつなぐ恥骨結合部分が緩みます。

お産の準備のために赤ちゃんが徐々に下がってくることで、緩んだ恥骨結合部分に大きな負担がかかり痛みを生じるようになります。

下半身の血液の巡りが悪くなると恥骨痛を悪化させますので、ウォーキングやストレッチ、下半身浴などで血液の巡りを良くするように心がけましょう。

 

陣痛を乗り切る工夫

陣痛

陣痛の痛みはずっと続くのではなく、数秒から数分痛みが続いた後には、必ず痛くない時間があります。そのリズムにうまく乗っていくことで、お産がスムーズに進むのです。

今回は、これから来る陣痛を乗り切る工夫を簡単にご紹介していきますね。

 

 

①よりかかって座る姿勢

陣痛の長い時間を過ごすには、よりかかった姿勢がラクだったというママは多いようです。

よりかかる姿勢とは、背中を背後によりかからせるだけではなく、胸やおなかなどで前面によりかかったり、横向きでよりかかることもできますよ。

大きなクッションや陣痛室の布団やまくらを重ねて、それによりかかるようにするとラクです。上体を起こす角度を変えて、ママがラクな姿勢を見つけましょう。

 

②よつんばいの姿勢

陣痛室のベッドの上で、よつんばいの姿勢をとることもできます。この姿勢は、子宮をぶら下げることになるので、腰がラクになるようです。

分娩台がフラットになる場合は、分娩台の上でこの姿勢をとることもできますね。

 

③前傾姿勢

上体をまっすぐ起こすのではなく、斜め前に60度くらい前傾するとラクというママもいるようです。
正座、ひざ立ち、立った姿勢などで上体を前に倒すと、子宮が前に倒れるのを助けることにもなりますよ。

 

④腰かけた姿勢

椅子に腰かける姿勢の時、背もたれによりかかるのではなく、前傾姿勢の方がラクなママが多いようです。
本来の向きとは逆に座る姿勢です。

これは、前傾姿勢の方が子宮が前に倒れやすいこと、背もたれによりかかってしまうことによって起こる腰の痛みを和らげる効果があります。

 

⑤立つ姿勢

陣痛の初期のころは、立つ、歩くなどが、ラクというママもいます。この場合、パートナーによりかかったり、壁によりかかったりすることができます。

陣痛が来ていないときは、リラックスして寝た姿勢や座った姿勢で、陣痛が来たら立ち上がって陣痛をやり過ごします。
立った姿勢はより重力がかかるので、赤ちゃんが下りてくるのを助ける効果もありますよ。

 

⑥その他

他におなかをさすったり、肛門を押したりなど、ママによって陣痛が楽になる方法は変わってきます。

でもとにかくママがラクな姿勢で過ごすことが一番です。

また、陣痛が始まったら、何よりもリラックスすることが大切です。
陣痛は赤ちゃんの生まれてくる動きなので、陣痛の時に、ゆっくり息を吐ききって、ゆっくり吸うという呼吸をしっかりしてみてください。

 

まとめ

妊娠40週目を迎え、お産本番を待ちわびているでしょう。
また、赤ちゃんの健康やお産に自分が耐えられるか、痛みを乗り越えることができるのかなど不安になるのは当然です。

赤ちゃんはママのおなかの中で、産まれるための最良の日を待っています。
ママは、自分のからだと赤ちゃんを信じて、その日を待ちましょうね。

★この記事を書いた人:N★
看護師資格と経験あり。第一子を出産、育児中。

当サイト注目記事!