病気

子どもの熱中症で鼻血が出る?!初期症状に要注意!

体調不良に要注意

こんにちは、管理人のイブです。

夏になると、必ずテレビで「子どもの熱中症」が話題になります。子どもは大人に比べても熱中症になりやすく、しかも周りに気付かれにくいので、ちょっと厄介です。

うちの子は幸いにも、熱中症にはかかったことがないのですが、インドア派だからかな…なんて思いましたが、屋内でも熱中症にはなるので、要注意ですよね。

子どもが熱中症にかかった時に、鼻血が出てしまうこともあるんですよ。ちょっとびっくりしますよね…。

今回はそんな子どもの熱中症の症状と、また熱中症と鼻血の関係についてご紹介していきます。そして子どもが熱中症になった時の対処法をお伝えしていきます。

 

子どもの熱中症はどんな症状なの?

子どもの熱中症で鼻血がでる??子どもの熱中症で鼻血がでる??

子どもは自分が熱中症になっていることが分からず、外で夢中で遊んでしまうことがありますよね。そんな時はパパやママが変化に気づく必要があります。

熱中症は大きく4つに分けることが出来るんですよ。各熱中症によって初期症状が異なりますので、確認してみてくださいね。

 

・熱射病

異常な発熱が起こる場合が多いです。唇は青黒くなるだけでなく顔色全体が悪くなります。顔の皮膚は暑く感じ、赤身を帯びてくることもあります。体温が上がり過ぎている状態で、体温調節ができず、意識ももうろうといます。

 

・熱失神

めまいが起こったり、失神することもあります。体温は平熱に感じますが、顔色が悪くなります。また血圧が低下し、貧血を起こすことがあります。重度になると血圧低下からショック状態になることもあるので注意が必要ですね。

 

・熱痙攣

体温は平熱に感じますが、手足が痙攣する症状がでることも。呼吸も荒くなります。

 

・熱疲労

体温は平熱ですが、子どもによっては40度近い熱を出すこともあるんですね。暑さにより夏バテのような感覚があり、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などの症状が出てくることが多いと言われています。

 

小さいお子さんは比較的、熱射病と熱疲労による熱中症が多いと言われています。この中で一番怖いのは熱射病です。熱射病の時は、意識障害が出ていますので、すぐに救急車を呼んでくださいね。

また熱中症になった時に鼻血が出ることもあります。

鼻血は興奮や何らかの要因で体温が上昇し、急に血流量が増すことで粘膜から出血するために起こるんですね。

熱中症は、体内に熱がこもることで発症するため、鼻血が出るということは、体温の上昇が見受けられるので深刻な状況の場合もありますので、要注意です。

鼻血が出る場合は、体を冷やして血流量を低下させて、早めに病院を受診してみてください。

 

熱中症にならないための初期症状を見逃さないで!

ご紹介した熱中症にならないためにも初期の脱水症状に陥っていないかのポイントをお話しますね。

・口や鼻の中が乾燥していないか確認しましょう。

・舌が白く覆われていないかをみることも重要です。

・目が落ち窪んでいたり、皮膚に弾力がなくなり、カサカサしていないか、確認します。
(この状態は黄色信号と言われています)

 

汗を大量にかくと体内の水分は不足しますよね。そして皮膚の温度は低下し、手先などの末端が冷たくなる症状も出ますので、そのようなサインを見逃さないようにしましょう。

 

熱中症の対処法

熱中症は初期症状に要注意熱中症は初期症状に要注意

子どもが熱中症になっていると分かれば、まずは、以下のような対処法をしてあげてくださいね。ただ、意識がなかったり、けいれんや嘔吐がある場合早急に病院を受診してください。特に熱射病には要注意です。

また、意識がある場合でも、いったん症状が落ち着いてから、念のため病院を受診するとより安心ですよ。

 

・熱射病

扇風機や冷房がかかった場所で、体温を下げるために、タオルに包んだ氷やアイスノンを首の付け根や頸動脈、脇の下など血管が集まる場所を中心に冷やしましょう。

ただ、冷やしても体温が下がらなかったり、意識がない場合は、すぐに救急車を呼んでください。

 

・熱失神

涼しい場所に移動させて安静にして、こちらも頸動脈付近をアイスノンで15分ほど冷やしてください。そして水分補給を行うと良いです。

水なども良いですが、塩分を適度に含んだスポーツドリンクなどもいいですね。ショック状態の場合は、病院で電解質を含む点滴投与を行うこともあります。

アイスノンでしっかり冷やしても体温が下がらないときは、熱射病の恐れがありますので、病院を受診してくださいね。

 

・熱痙攣

涼しい場所に移動させ、アイスノンで頸動脈を15分ほど冷やし、塩分を含むスポーツドリンクを飲ませてあげましょう。塩分を含まない水だけですと、症状が回復しないこともあるので注意してくださいね。

アイスノンでしっかり冷やしても体温が下がらないときは、熱射病の恐れがありますので、病院を受診してくださいね。

 

・熱疲労

涼しい場所に移動させた後は安静にさせて、体温が高い時はアイスノンで15分ほど冷やしてみましょう。塩分を含むイオン飲料水やスポーツドリンクで水分補給して、脱水症状を改善させる必要があります。

アイスノンでしっかり冷やしても体温が下がらないときは、熱射病の恐れがありますので、病院を受診してくださいね。

 

鼻血には要注意

体から奪われた水分を補給させることはもちろん、上昇した体温を下げてあげることも症状改善に繋がりますよ。

ただ、熱中症で鼻血が出る場合は、体温の上昇が著しいと考えられるため、熱中症の中でも重度であること可能性も…!!

鼻血が出ている場合は、頭を少し高くして安静にさせてあげるとより良いですが、早めに病院を受診することをおすすめいたします。

とにかく夏は、水分補給につとめる…これですね!あとは屋外では帽子の着用も心がけましょう。

うちの子はよく鼻血を出すのですが、その原因は花のほじり過ぎです…。紛らわしいし、汚いので、ホントやめてほしいです……。

 

 

当サイト注目記事!