イベント・グルメ

おひな様は姉妹分必要なの?代わりの物がないか、吉徳に聞いてみた!

こんにちは、イブです。

3月3日はひな祭り、女の子の健やかな成長を願ってお祝いしたいですが、姉妹のいるおうちだと、こんな悩みがありますよね。

「2人目の女の子の場合、おひな様はどうしたらいいかな?」

「3人姉妹はどうしたらいいの??」

やはり子どもたちは平等に育てたいし、お祝い行事なので、できれば一人一人に揃えてあげたいと思いますよね。ただ、各家庭の事情があると思いますので、今回は姉妹の「ひな祭り」の飾り付けについて、一体どうしたらいいのか、ご紹介したいと思います。

おひな様の役割

ひな祭りのルーツは平安時代の「上巳の節句」で、古代中国より伝わった、厄除けの儀式です。それに昔から女の子に人気の人形遊びや、流し雛と言われる日本文化が合わさって、今の雛祭りになりました。

江戸時代までは、「お内裏様(天皇と皇后)」一対を飾るのが一般的でしたが、江戸時代後期には、雛祭りが庶民文化として7段飾りなどの、段飾りが主流になりました。

そして厄除けの役割に加え、おひな様はお祝いの意味を持つようになりました。それでは、ひな人形は一そろいだけでも、姉妹二人分の「厄除け」をしてくれるのでしょうか??

 

ひな人形は姉妹分必要??

ひな人形は別名、形代(かたしろ)と言われていて、意味は「代わりとなってくれる(人)形」です。女の子の厄除けの代わりになってくれますので、ちゃんと女の子に人数分だけ「形代」を用意する必要があるんですね。

でも「え~ッ、2体目の段飾りは、ちょっと…」というご家庭が多いと思います。そのため、何かいい案はないか、ひな人形専門店に問い合わせてみました!

 

ひな人形を姉妹分用意できない場合の、解決法は?ひな人形専門店の回答!

今回伺ったのは、人形専門店の吉徳(本店浅草)さんです。
ひな人形を姉妹分用意できない場合、おひな様の一番の役割である「形代」としての役目をしてくれる、代わりになるものはありますか…?という質問をさせていただきました。

吉徳がお勧めする形代ベスト3

 

第一位:市松人形

女の子の遊び相手として長い歴史を持ちます。

江戸時代中期の人気俳優(歌舞伎役者)であった佐野川市松にその名前を因んでいると言われています。京阪エリアでは「いちまつさん」と称され、全国的には「やまと人形」と言われています。

価格:安いもので1万円から~。

 

 

 

 

 

第二位:つるし雛

つるし雛の歴史は江戸時代後期に遡ります。人形類、桜、手毬などを吊るし、女の子の幸せや人の輪を表しているとされています。

価格:安いもので、1万円前後から~

 

 

 

 

第三位:名前旗

文字通り、名前が刺繍された旗のことです。歴史的を持った飾りではなく、最近になって登場したもののようですね。この旗がお人形の代わりをできるのかどうか…?形代になるの??と疑問に思いました。

ただご回答いただいた吉徳さんは、創業300年の老舗中の老舗。説得力があります。老舗の看板で信じます。

価格:安いもので1万円前後から~。

 

 

 

 

名前旗も可愛いですね!!これは嬉しいかも…。このようなコンパクトな名前旗が一般的になってきたのは、おそらく経済的な理由と住宅事情だと、個人的には思います。今の時代にはこのコンパクトさがあってるんですね。

ただ、気になるのは長女はひな人形で、次女は名前旗…となると、姉妹でおひな様の取り合いにならないの?ということです。この件についても、吉徳さんに聞いてみました。

姉妹でおひな様の取り合いになったときは…?

吉徳さんのお話によると、姉妹でケンカになった事例を伺ったことがないそうです。

伺った話ですが、姉妹の場合は段飾り(ひな人形などメインのお飾り)は、「お互いの物」と共有するのだとか。

お祝いの意味のひな人形は姉妹で共有、そして「厄除け」としてはそれぞれ形代を飾る、という考え方ですね。確かに、ご両親が姉妹にしっかりとこの点を伝えておけば、大丈夫なのかもしれません。

 

[ad#top]

まとめ

こうしていろいろな「ひな祭り」の飾り方を拝見しますと、各家庭それぞれというのが今の流れのようです。

老舗の人形専門店でも、「ディズニー」「ハローキティ」「スヌーピー」などのおひな様も用意されています。昔ながらのおひな様にこだわらなくても、今は多種多様になってきているんですね。

もちろんお人形がなくても、折り紙で作ったおひな様でもいいですし、親子で作るのも楽しいですよね。そこに親の子を思う気持ちが込められていたら、それでいいのかな…と思います。

 

 

当サイト注目記事!